2011年4月 6日 (水)

英語ビギナーが3ヶ月で英語上達を実感する勉強法と英語上達ブックのセット チカラインターナショナル

英語ビギナーが3ヶ月で英語上達を実感する勉強法と英語上達ブックのセット

英語ビギナーが3ヶ月で英語上達を実感する勉強法と英語上達ブックのセット




下記より購入しカンタンなレビューを送るだけで最大8000円還元されます! 

英語ビギナーが3ヶ月で英語上達を実感する勉強法と英語上達ブックのセット




わたしは22歳まで英語がまったくダメでした。つい数年程前までは英語で伸び悩んでいる多くの英語ビギナーの方と何らかわりが御座いませんでした。

実際、外国人を見ると、声を掛けられないように目を合わせないようにしていたくらいです。

でも、電車の中やカフェ等で外国人と格好よく英語をペラペラ話している人を見るたびに「英語があんなに流暢に話せたらいいな~」といつも英語が出来る人を憧れの眼差しで見ていました。

海外旅行に行くたびに、自分の言いたいことが相手に3%も伝わらずに、相手がしょうがなさそうな顔でわたしの言おうとしていることを必死で予測しているのを見たりすると、自分の英語力の不甲斐無さにことごとくがっかりし、帰国したら今度こそ英語をがんばろうと誓うのですが、しばらくするといつしか英語の勉強もだんだんとおろそかになってしまうと言う事を繰り返していました。

英語が上手くなりたいという気持ちは常にあったのですが、どんな英語勉強法をすればいいのかわからず高い英会話教材にも今までにいくらお金を無駄に使ったかわかりません。

でもわたしなりに思いつく英語勉強法は全て試しました。

リスニング教材をひたすら聞きまくる
本屋で売っている英会話の本を購入し勉強する
アメリカのドラマをビデオで観る
雑誌の広告に載っていた英会話講座に申し込む
TOEFLやTOEOCに特化した単語本を購入し勉強する
インターネットで英語のサイトを読む
貴方もいろいろな英会話教材や英会話の本を購入したり、自分なりに英語学習を行った経験があるかもしれません。それで、実際に効果があったでしょうか?

わたしにはダメで、ぜんぜん英語が上達致しませんでした。

でもわたしにも「英語上達のチャンス」がやってきました
わたしは高校の時に修学旅行でオーストラリアに行ったのですが、そのときに余りにもオーストラリアが美しかったので絶対にまたオーストラリアに戻ってこようと心の中で固く決意しました。

そして22歳の時に憧れのオーストラリアに留学するチャンスがやってきました。

「なる程、留学したから英語を話せるようになったのですね!」

と思った貴方、それはちょっと違うと言う事をこれからお話します。

確かにここまでは多くの方と同じだと思います。海外旅行に行くことが好きな多くの方は海外旅行に行くたびに英語が上手に話せるようになりたいという気持ちになり、英会話スクールに通ったり、その中でも行動力のある人は英語を話せるようになる為に留学に行く決心をし、留学をします・・・

1年以上留学したのに英語が話せない人がゴロゴロしている、その理由は・・・
実際に留学を1年以上しているのに英語が全然話せるようになっていない日本人をわたしは何十人も見てきました。

でもわたしは、とても幸運なことに留学先で

「ああ、こんな英語の勉強をすれば良かったんだ!」

というようにまさに目からウロコの英語勉強法の発見をしてしまったのです。

正直言って、

この英語勉強法を知ってしまったら留学しないでも日本でこの英語勉強法をしてるだけでネイティブに通じるだけの英語力を十分につけることが出来るなとまで思ってしまいました。

わたしが留学先で外国人の友達をどんどん作ってしまった秘訣とは
そうです、わたしが何で留学先で周りにいた日本人留学生が1年以上も留学しているのに英語が殆ど話せるようになっていない中、外国人の友達が数多く出来る程の英語力を身につけてしまったかというと、わたしが留学先である英語勉強法を発見したからなんです。

でも学校が終わった後、英語の勉強をひたすらしていたわけでは御座いません。

わたしがホームステイをしていた家から自転車で15分程の所に人が殆どいない自然いっぱいの美しいビーチがあったので放課後はよくサーフィンに行ってました。

でも毎日、ディナーを食べた後、たった20分だけある英語勉強法をしていました。

そして、ホームステイ先でホストファミリーと、学校の休み時間には外国人のクラスメートと出来るだけ多く英語を話す機会をもつようにして頂けです。

周りにいた同期の多くの日本人留学生は留学生活こそ楽しそうでしたが、1年そして2年たっても殆ど英語を話せるようになってない中、わたしは毎日20分、ある英語勉強法を継続して続けたおかげでなんと帰国するまでにはバイリンガルになっていました。

そして、22歳まで外国人を見ると逃げ出していた、英語ペラペラな人を羨望のまなざしで見ていたわたしが、なんと帰国後には英会話の講師にまでなってしまいました。

無料ブログはココログ